無料もあり!「3歳女の子が気軽に通える」おすすめ習い事施設6つ

source:https://www.shutterstock.com

子どもが3歳前後になると、コミュニケーションもしっかりしてきますよね。特に女の子は、好みもはっきりしだし、自分から「これ、やりたい!」と好奇心も旺盛になります。

お友達が習いごとを始めたから、うちも来年から……と考えているご家庭も多いのではないでしょうか。

今回は、最新の習いごと事情と、おすすめの習い事施設を佐藤理香さんにご紹介いただきます。

 

ママに人気・注目の習いごとは?

source:https://www.shutterstock.com

最近の習いごとは、びっくりするほど多様化していますね。始める年齢も0歳という子もいて、早期化しているのも特徴に思います。

株式会社イオレが2017年9月に行った『子どもの習い事に関するアンケート調査』(0歳から小学6年生までのお子さんを持つ家庭1,751名を対象)によれば、水泳、サッカー、英会話、ピアノが上位の習い事であるようです。(※)

その他、ランキング外ですが今何かと注目されることが多いのが、プログラミングではないでしょうか。

プログラミングには、「えっ!?」と思うママもいるかもしれませんが、3歳からはじめる思考のトレーニングとして今ママの間で注目が高まっているように思います。

いずれも、保育園卒園後の学校教育で習うことが決まっているため、先取りしたい親御さんと、市場を拡大したい企業側の意向がマッチしているのかもしれませんね。

 

「3歳女の子が気軽に通えるオススメ習い事施設」6つ

子ども向け習いごと教室もずいぶん増えました。ただ、あれもこれもと習いごとをさせてしまっては、子どももママも大変!それにお金もかかります。ここでは筆者オススメの習いごと施設をご紹介します。

1.公共施設

幼児の場合は、体験してみて「やっぱり合わない」ということがあります。また費用を抑えたいものですよね。そんな場合は公共施設が実施する習いごとがおすすめです。

例えば、東京都中央区の総合スポーツセンターでは、子ども向けにスイミングから体操、空手にベビー向けのリトミックまであります。(※1)

神戸市立ポートアイランドスポーツセンターでは、人気のスケート教室も。いずれも1回から通年までさまざまですが、数カ月をワンシーズンとしていったん終了するものが多いようです。(※2)

 

2.スポーツジム

長く通いたい、本格的に教えてもらいたいという場合に筆者がおすすめするのはスポーツジムです。

ジムは大人だけでなく、最近では子ども向けプログラムも充実しています。例えば、コナミスポーツでは「運動塾」があり、ベビースクール、ダンスに体操、サッカー、テニスにゴルフ等と充実しています。(※3)

同じくジェクサースポーツでもキッズスクールがあり、チアダンスやバレエまで教えてくれます。(※4)セントラルスポーツでは、野球や体操、プログラミング等もあり、習いごとをミックスさせることもできるようです。(※5)

 

3.ショッピングモール併設教室

source:https://www.shutterstock.com

イオンモールやイトーヨーカドーなどショッピングモールには幼児教室が開設されていることがあります。知育系の教室や英会話教室が多いようです。子どもが習いごとをしている間に、ママはショッピングを楽しめるので一石二鳥かもしれませんね。

 

4.幼稚園・保育園で行われる習いごと

こちらも近年増えている習いごと形態です。園の保育時間が終わった後に、申し込んだ子どもだけに園内で教室が開かれるものです。

筆者の子が通う園でも、毎週習いごとの先生が来て教えてくれています。英語や空手、スイミングまで対応している園もあるようです。いずれも園が主催するのではなく、外部講師がきて教える形態となっています。

 

5.児童館や子ども支援センター

source:https://www.shutterstock.com

気軽に始めるなら児童館や子ども支援センターで行っている習いごとも探してみましょう。

施設によって実施有無や内容のばらつきがありますが、1回ものだけでなく通年の講座もあるようです。無料や格安なことが多く、気軽に楽しめると思います。

 

6.近所の教室

3歳くらいの子には、あまり遠くの教室に通うのは負担です。やはり、通いやすいのは近所の教室に思います。本格的なところから、アットホームなところまであり、地域の人たちが自主開催している講座もあります。

地域センターやまちの掲示板も見てみましょう。ママ友からよい教室を教えてもらったり、気になる教室があれば体験入室してみるのもよいかもしれませんね。

3歳の女の子には、まずは、「学び」への好奇心を育むことが大切だと筆者は思います。無理強いせずに、まずはお子さんが楽しくできる習いごとを選んでから体験してみてはいかがでしょうか。

 

【参考・画像】
※ 

※1 
※2 
※3 
※4 
※5 
※ luizela、 Yuliia V、 Africa Studio/ Shutterstock  

【関連記事】

まるで姫扱い!? 女の子ママの「暴走子育てエピソード」3選

※ 傘選びに使える「身長別サイズ表」 3歳・女の子にオススメの傘は?

※ 「男の子だから」「女の子だから」発言、どこまでホント?

※ 秋冬出産ママは絶対準備して!小児科医ママがおすすめする「鼻水ケアグッズ」とは[PR]

※ 「安心安全」な製品選びってどうしている?おしゃれな3児ママご自宅を取材してきました♪[PR]

【産後の肌対策】2人目出産ママが体験した「エイジングケア」と優秀アイテム[PR]

 小児科医に聞いた「赤ちゃんの肌を考えたベビー用品選びのポイント」は?[PR]

※ 

◆ ChillybinCrewの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください