ママもお手上げ!? 「2歳・イヤイヤ期を乗り切るお助けグッズ」10選

source:https://www.shutterstock.com

あれもイヤ、これもイヤ、何をしてもイヤだというイヤイヤ期。いわゆる「魔の2歳」と言われる時期、ママたちは日々悪戦苦闘しているのではないでしょうか。

いつかは終わるものだと分かっていてもついイライラしがちに……。

そんなママにとって大変な時期を少しでも楽しく乗り切るために、今回はイヤイヤ期を乗り切るためのお助けグッズを、Yuzuponさんにご紹介いただきます。

イヤイヤ期の特性に合った遊びって?

イヤイヤ期は、わがままを言っている訳でも、反抗している訳でもなく、成長し自我が育ってきた証拠でもあり、視点を変えれば喜ぶべきことだと思います。

そんな時期、子どもに寄り添って成長をあと押しできるように遊んであげたいですね。

●室内遊びアイディア

トイレを嫌がる子どもには、電車やバスやタクシーの運転手さんになってもらいトイレを目的地にしてゴー!をしてみたり、お着替えを嫌がる子どもには、どっちのお洋服がいいか遊び感覚で選んでもらったりしてはいかがでしょう。

なりきりごっこ遊びもおすすめです。男の子にも女の子にも人気のままごと遊び、小さなエプロンを作ってあげて、お母さん、お父さんごっこや、カフェの店員さん、コックさんなど、お家にある調理道具を使えばリアルななりきりごっこができますね。

店員さんごっこも子ども達は大好き! コンビニの袋を利用し、お家にあるお菓子や本などを使い、レジの店員さんになりきって遊んでみてはいかがでしょうか。

●外遊びアイディア

公園の遊具を活用しましょう。滑り台は、ママがサポートしてあげたらこの時期の子どももうまく滑ることができるはず。芝生の上で追いかけっこもいいですね。

思いきり外で体を動かせば、疲れて夜の寝つきも良くなると思いますし、なによりママ自身のストレスの発散にもなるのではないでしょうか。

 

イヤイヤ期を楽しく乗り切るおすすめグッズ10選

(1)

source:https://www.amazon.co.jp/

こちらは女の子に大人気のメルちゃんとペチャットのおしゃべりがついたおもちゃ。

お母さんになりきって、メルちゃんのお世話をしながらメルちゃんと会話を楽しめるので、イヤイヤ期の自分でやりたい!という女の子も、お姉さんになった気分で遊べるのではないでしょうか。

(2)

source:https://www.amazon.co.jp/

歯磨きもイヤ!ご飯を食べるのもイヤ! とにかくイヤイヤが延々と続くイヤイヤ期を楽しく乗り切るために、子ども達の興味を誘う「サポうさ」を試してみてはいかがでしょうか。

装着は簡単で、指にはめるだけでOK! 指につけたまま歯磨きをしたり、スプーンを持ったりできて、ウサギが子どもに話しかけるような感覚で育児のサポートをしてくれます。

小さいので持ち運びも楽々で、お出かけ時にも持って行けて便利です。

(3)

source:https://www.amazon.co.jp/

男の子にも女の子にも人気のおままごとセット。こちらのままごとセットがあれば、普段スーパーで目にしているお店の店員さんになりきって遊べます。

ままごと遊びを通して野菜、果物、台所用具などへの認識や、お金の意味を自然に学ぶこともできそうですね。

(4)

source:https://www.amazon.co.jp/

子ども達のヒーロー、アンパンマンのハンドパペットで、いざという時に、イヤイヤ期の子ども達の気を引いて、お着替えやトイレ、お風呂への誘導をしてみませんか?

イヤイヤ期の子どもは、感情のコントロールができず泣き出したりする子も多くみられます。そんな時こそ、ヒーローの登場は効果大かもしれません。いざという時に出してみるとよさそうです。

(5)

source:https://www.amazon.co.jp/

これからの季節は子どもと一緒にガーデニングをしてみませんか? 太陽の光を浴び、土を触って五感を刺激することは子ども達にとっても大切なこと。自分で蒔いた種が、芽を出し、つぼみになって花開いた時の喜びはきっと大切な体験になるはずです。

(6)

source:https://www.amazon.co.jp/

砂遊びは子ども達が大好きな遊びの一つではないでしょうか。

こちらは砂遊びもできるガーデニングテーブルセットです。スコップで砂をすくったり、ジョウロで水をかけたり、自分の思うままに遊べるので、夢中になれそう!

(7)

source:https://www.amazon.co.jp/

お絵かきデビューにぴったりなスイスイおえかきカラフルシートです。

こちらは水をペンに入れて描くタイプで、乾いたら消えるので、何度でもたくさんお絵描きができます。好きなように思いっきりお絵描きさせてあげることができますよ。

座って描いても寝転んで描いても、水なので汚れを心配しなくてOK。うまく描けたらたくさん誉めてあげてくださいね。

(8)

source:https://www.amazon.co.jp/

2歳にもなれば手先が少しずつ器用になってきます。紐通しは単純ですが、全部通ると達成感もあり、色、大小、数の概念も学ぶことができます。

指先を使うことで右脳の刺激にもなる知育玩具。自分の好きな組み合わせで紐通しをしながら、思考力、創造力をスクスク育ててあげましょう。

(9) 

source:https://www.amazon.co.jp/

子ども達はブロック遊びも大好きですね。こちらは、想像力、構成力、空間把握能力を楽しく身に付けながら、立体的な作品を作ることができるブロックです。

子どもが自分の発想で作りたいものを作れて、カラフルなブロックで色彩感覚も養うことができます。繋いだり外したりを繰り返すなど、指先を動かすことで脳を刺激することができ、集中力も高められそうな知育玩具です。

(10)

source:https://www.amazon.co.jp/

世界中の動物たちと遊べるレゴブロックです。ボートや飛行機を使って世界一周! 遊び方は子ども達の自由です。

2歳にもなると好奇心旺盛になり、いろんなことに興味を示し始めます。動物に興味津々なこの時期、想像力を働かせながら楽しく遊ぶことができますよ。

 

魔の2歳児とも言われるイヤイヤ期ですが、ご紹介したおもちゃを使い、子ども達に「できた」という達成感と自信を付けさせながら楽しく乗り切れますように。

 

【参考・画像】
※1
※2
※3
※4
※5
※6
※7
※8
※9
※10
※ Juliya Shangarey /shutterstock

【関連記事】

恐るべし「イヤイヤ」期!親がやってはならない最悪の対応3つとは

※ もう勝手にして!「ママの突き放し言葉」にみるタイプ別子どもへの心理的悪影響

保育士がおすすめする「3歳・年少さんになる男の子」に読ませてあげたい絵本10選

※ 

※ 子どものため、未来のため。安全安心とともにママができることとは?[PR]

※ ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

◆ ChillybinCrewの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る