皇室・王室にあやかりたい!6月生まれの男の子「古風な名前アイディア」20選

source:https://www.shutterstock.com/

今月上旬、ヘンリー王子とメーガン妃の待望の第一子が誕生し、英国はもちろんのこと、世界中に喜びのニュースが伝えられて話題となっていますね。

日本では、5月1日から元号が令和となり、新しい天皇陛下が即位されて、皇室や王室のお祝いムードが高まっています。
 
そんな中、出産を来月に控えているママは、わが子にどんな名前をつけようか候補を絞っている時期でしょう。外国風の名前も人気の中、逆にこの時期ならではの古風な名前を意識してみるのも良いかもしれません。
 
今回は、6月生まれの男の子に向けた古風な名前アイディアを、2児のママYunoさんにご紹介いただきます!

 
6月の季語や歴史上の人物は?名付けのヒントとなる漢字や読み方

source:https://www.shutterstock.com/

日本の、“6月ならでは”のものを思い浮かべると、梅雨・雨のイメージが強いと思います。
 
しかし、様々な視点で6月を見てみると、他にも名付けのヒントはたくさんあります!
 
6月の旧暦名称・別名は「水無月」「皆仕月」「弥涼暮月」

6月の暦には

・入梅(10日頃)

・父の日(第3日曜日)

・夏至(21日頃)

・沖縄慰霊の日(23日)

・夏越の祓(30日)

があります。(※1)

季語は下記のようなものがあります。

・夏衣(なつごろも)

・茅花流し(つばなながし)

・黄梅の雨(こうばいのあめ)

・額の花(がくのはな)

・李(すもも)

・帷子(かたびら)

(※1)

 
また6月生まれの偉人には
 
・川端康成(小説家)

・太宰治(小説家)

・ポール・マッカートニー(ミュージシャン・シンガーソングライター)

(※2)
 
などがいます。

偉人とは少し違いますが、ミッフィーの誕生日も実は6月21日なのだそうですよ!(※3)
 

6月生まれの男の子に!「古風な男の子の名前アイディア」20選

◆6月の旧暦名称・別名から

・弦水(げんすい)

・水季(みずき)

・涼弥(りょうや)

・涼真(りょうま)

・皆真(かいしん)
 
◆6月の暦や季語から

・梅幸(うめゆき)

・梅夫(うめお)

・優梅(ゆう)

・黄梅(こう)

・夏生(なつき)

・一茅(いち)

・額(がく)

・李吹(いぶき)

・桃李(とうり)

・李吉(りきち)

◆6月生まれの偉人の名前から

・康成(やすなり・こうせい)

・康士(やすし)

・治(おさむ)

・皆治(かいじ)

・俊之(としゆき)

・和定(かずさだ)

上記に紹介した漢字や、読み方を参考にすると、他にも沢山の候補が挙がると思います。
 
雨が降る中を歩いていると、他にもたくさん日本の風情を感じるものが見つかるかもしれませんので、梅雨の季節を味わうことから始めてみてもよいかもしれません。

ぜひ、ご自身の苗字に合わせて赤ちゃんの名前を考えてみてください! 

6月に生まれてきたことを特別に感じる名前が見つかるといいですね。

 

【参考・画像】
※1
※2
※2
※2
※3
※ Hannamariah、Makoto_Honda / Shutterstock

【関連記事】

品格のある名前になって欲しい!「由緒正しい漢字」って?

5月・6月生まれの男の子にオススメ!「季語・誕生石」にちなんだ名前集

【男の子の名付け】夏生まれの赤ちゃんにつけたい名前は?7月・8月編

※ 

※ 子どものため、未来のため。安全安心とともにママができることとは?[PR]

※ ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

◆ ChillybinCrewの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください