5歳頃から抜け始める!? 歯科医ママがおすすめの「乳歯保管ケース」5選

source:http://www.shutterstock.com/

6月4日~10日は「歯と口の健康週間」(※) 乳幼児のいるママであれば“乳歯”が抜けたというお子さんもいるのではないでしょうか。

抜けた歯は「小さくてすぐどこかにいってしまうし、その保管をどうしよう」と悩みませんか?

日本では、上の歯は床下へ埋めたり、下の歯は屋根に向かって投げる、なんて風習がありますよね。でも、最近はマンションなどの住環境の変化や、子育ての思い出に、と取っておきたいと思われるママが多いようです。

今日は、ママ歯科医である進藤さんに、進藤さんも愛用されているおすすめの「乳歯保管ケース」についてご紹介いただきます。プレゼントにも喜ばれそうですね!

早い子は5歳頃!「乳歯」っていつ抜けるの?

乳歯は早い赤ちゃんでは、生後6ヶ月頃から前歯が生えてきます。その後、3歳頃に1番奥の乳臼歯が出てくることで、すべての乳歯20本が生えそろいます。

七五三や卒園式、入学式の頃に抜けているイメージがある乳歯ですが、早い子で5歳頃から上下の前歯から抜け始めます。

その後、5番目の乳歯が抜けるのが11歳頃ですから、長い時間をかけて乳歯から永久歯へと生え変わります。

 

「乳歯保管ケース」のいろは

乳歯保管ケースには、1つのケースにまとめていれるものと、1本ずつ入れるものに分けられます。

どちらもお子さんやママの好みで選ぶとよいでしょう。1本ずつ入れるものは大ぶりになりますが、順番に入れていくことで、本人も次に抜けるのが楽しみになるのではないでしょうか。

1つのケースに入れるものは、コンパクトなケースを多く見かけます。段々と増えていくことで、抜けた量が実感しやすい一方で、どこの歯が抜けたのかは、分かりにくいかもしれません。

歯科医院で抜いた場合は、血液や付着している組織をキレイに除去してから、お渡ししています。

おうちでも、水でよく血液や組織を洗い流し、しっかりと乾燥してから保管ケースに入れるとよいでしょう。

 

可愛らしく素敵な思い出に!おすすめ「乳歯保管ケース」5選

(1)

source:http://www.amazon.co.jp/

アメリカのブランド『ベビートゥースアルバム』の乳歯入れです。

ブックタイプで場所をとらない上、アルバムなので写真を貼ることもできます。

歯は、1本ずつ入れることができます。筆者もわが子に愛用しています。

 

(2)

source:http://www.amazon.co.jp/

女性に大人気『イニシャルバッグ』で有名なマッドパイは、ベビーグッズもセンス抜群。

そのベビーラインの乳歯入れです。

なんといっても、日本ではあまり見かけないポップな色合いや形が可愛らしく、お部屋のインテリアにもオススメです。

筆者はピンクのハート型、ベビーカー型、プリンス用など、いくつも集めています。

プレゼントなどに喜ばれるのではないでしょうか。

 

(3)

source:http://www.amazon.co.jp/

Salinrの環境に優しい樹脂素材乳歯ケースです。乳歯以外にも、髪の毛や臍帯を入れる透明のケースも付いています。

可愛らしい熊のデザインで、男の子のギフトにも喜ばれそうです。

熊の目のデザインシールが付いていて、好きなシールを貼ることができます。

蓋は内側にマグネットが付いているので、歯の飛び出しを防いでくれるので、安心です。

 

(4)

source:http://www.amazon.co.jp/

日本製の高品質の桐を使用した桐箱の乳歯保管ケースです。歯の妖精がデザインされた可愛いケースに名入れもできるので、出産祝いにもピッタリですね。

温かみのある丸いケースがとても可愛いです。

桐は調湿に優れ、カビや虫から守ってくれ、衛生的にも安心です。

乳歯はうえとしたと書かれた場所に1本ずつ入れることができて、位置を把握できるので、思い出がそのまま残りますね!

 

(5)

source:http://www.amazon.co.jp/

こちらは高級合金を使用した可愛い象型の乳歯と産毛保存ケースです。

丈夫な材質なので、壊れにくく長期保管におすすです。

シンプルながら、愛らしいデザインで、乳歯と産毛をさりげなく保管できる素敵なケースです。

プレゼントにも喜ばれそうですね。

 

いかがでしたか?

乳歯が抜けると、子どもたちは、ちょっとお兄さんお姉さんになった気持ちになるようです。

子どもの成長を一緒にお祝いしたいですね。

もし、乳歯が抜ける前に裏から永久歯が生えてきたときは、歯科医院を受診しましょう。

あまり長く乳歯が残っている場合、永久歯の歯並びに影響を与えることも考えられます。

 

(2016年06月06日の記事を再掲載しています)

【参考・画像】

※1
※2
※3
※4
※5
※ Radharani / Shutterstock

【関連記事】

元保育園園長が教える「噛む子、噛まれる子の家庭のしつけ法の違い」

子どもの歯がグラグラしてきた、歯科医に行くべき?「正しい乳歯の抜き方」は?

妊娠中の歯科健診!「エックス線撮影」は大丈夫?放射線量は?

※ 子どものため、未来のため。安全安心とともにママができることとは?[PR]

※ ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

◆ ChillybinCrewの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る