shutterstock_250485763

赤ちゃんが病気になるのは、ママとしては心がイタイもの。しかし、毎日育児や仕事で忙しいママが病気になってしまうのも家族としては一大事ですよね……。 そこで今回は、 “季節の変わり目に気を付けたい赤ちゃんの病気”や”これから生まれてくる赤ちゃんのために気を付けたいこと””妊娠したいプレママが気を付けておきたいこと”など、詳しい医学のお話しをChillybinCrewの監修医である川上先生にお伺いしました!

北里大学大学院医療系研究科医学専攻博士課程修了 医学博士
主に予防医学を専門とし、一般向けに予防医学に関する学術講演や大学や専門学校など各種教育機関で基礎医学科目に対して講義を行い、予防の重要性に対しての啓発を続ける。
また、メディカルアドバイザーとして医学的に『美や健康』に関して追求し、アドバイザーやコメンテーターとして幅広く活躍中。

新生児のお肌は、まだまだ成熟していないために、様々なトラブルが起こってしまいます。 暑くなってきたこの時期であれば、汗を多くかいてしまって、…

【続きを読む】

先日、市川海老蔵さんの妻である、小林麻央さんが若年性乳がんであると発覚し、非常に大きなニュースとなりました。 30代の若い年齢で、決して他人…

【続きを読む】

流産とは様々な考え方がありますが、一般的に人工的ではない原因によって、胎児が妊娠22週目未満までに失われてしまうようなことを言います。 原因…

【続きを読む】

だんだんと気温が上がり、夏を迎えようとしているこれからの季節、お子様がプールや海へ行く機会も多くなってくるかと思われます。 その後に、耳掃除…

【続きを読む】

気温が高まり、海に川に公園に、何かとおでかけの増えるこれからの季節。ワクワクして楽しみで仕方ないファミリーもきっと多いことでしょう。 その一…

【続きを読む】

妊娠中は新しい命をお腹の中で育てるわけですから、妊娠していないときと比べて、体の中の環境は大きく変わります。 これまで“当たり前”であった生…

【続きを読む】

一般的に月経前症候群としてPMSはよく耳にするようになってきました。月経前のホルモンバランスの変化によって頭痛、めまい、むくみなどの身体的症…

【続きを読む】

一般的に妊娠すると“乳首が黒くなる”といいます。また、男性経験が多い人も黒くなると言われていますが、実はこれに関して言えば科学的な根拠があり…

【続きを読む】

理化学研究所の研究結果で、保湿剤のワセリンをあらかじめ皮膚に塗ることで、アトピー性皮膚炎の発症を予防できる可能性があると発表されました。 ワ…

【続きを読む】

まもなく初夏が訪れ、“手足口病”が流行りだす時期になります。特に子どもたちに多い疾患であるので、あらかじめ基礎知識や予防策を知っておきたいも…

【続きを読む】

ご存知の通り、4月14日に震度7の地震に遭った渦中の熊本で、避難所においてノロウィルス患者が発生するなど、地震だけでない二次的な被害の危険性…

【続きを読む】

カフェインの過剰摂取が流産を招くという調査結果が話題になっています。もちろん流産の原因はカフェインだけではありませんが、少しでも流産のリスク…

【続きを読む】

妊娠が成立するためには“着床”が必ず必要です。女性はおおよそ月に一度排卵を行いますが(場合によっては排卵しないこともあります)、その時に排卵…

【続きを読む】

溶連菌感染症、正確に言うと“A群溶血性レンサ球菌感染症”。子どもに多い病気として、テレビや新聞などで耳にしたことがある方も多いのではないしょ…

【続きを読む】

初めての出産は何かと不安の多いもの。無事に生まれて来てくれて嬉しく思う反面、今後この子に何かあったらどうしようと、なかなか落ち着きません。 …

【続きを読む】

季節の変わり目は概して風邪をひきやすいもの。大人でもそうなのに、赤ちゃんは余計体調を崩しやすいものです。 だからこそその体調不良に、悪い意味…

【続きを読む】

季節の変わり目は、人間にとって体温を大きく調節しなくてはならないもの。この時期の調節が上手く行かなくなってしまうことで、体調不良を引き起こし…

【続きを読む】

妊娠中の喫煙は“胎児に悪影響を与えることがある”という話を聞いたことがありますよね。では具体的にどのような悪影響を与えるのでしょうか。 タバ…

【続きを読む】

“子宮内膜症”とは、何らかの原因によって子宮内膜の細胞が、子宮の内腔以外に発生してしまうようなものを言います。元々は子宮内膜と似た組織ですか…

【続きを読む】

“不育症”という言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。不育症は、妊娠したとしても母体の子宮の中で赤ちゃんがきちんと育たない状態を言いま…

【続きを読む】

女性は出産すると落ち着いて見られると言います。裏を返せば“老けて”見られてしまうともとれます。これは、出産と同時にそれまでの妊娠期間の不安と…

【続きを読む】

続きを読みます

別れさせ屋 新潟

https://13.ua/