災害時用にも備えておきたい!乳幼児におすすめの飲料水ブランド4選

5116874_S
source:https://pixta.jp/s

昨晩熊本県で震度7を観測した大地震が発生し、多くのケガ人、そして死者も出ているとの報道があり、一晩明けてその被害状況が徐々に明るみにでてきています。大災害が起こるとまず考えるのは“ライフライン”ではないでしょうか? 中でも水は人の命を救う重要なものです。

災害時でなくとも、これからの汗ばむ季節はこまめな水分補給が欠かせません。大人の身体の約60%は水分でできていると言われていて、水が不足するとさまざまなトラブルを引き起こします。

赤ちゃんや小さな子どもは自分でそのコントロールを行うことが難しいため、ママが適切な水分補給をしてあげたいもの。

今日は、災害時にも重要となる水が身体に与える影響と乳幼児におすすめの飲料水ブランドをお伝えします。

 

水を飲むメリットは?

授乳中のママは母乳をよく出すためにも、水分補給が大切です。子どもはよく汗をかくこともあり1年中こまめな水分補給が必要です。

他に体重コントロールをする上でもメリットになるという報告があるのです。海外の研究によれば、1日の飲む水を1%増やすだけで、総カロリーや砂糖、塩、飽和脂肪酸を減らすことができ、その結果体重をコントロールできるそうです。

産後、なかなか体重が減らないママには朗報ですよね。育児で忙しいと、喉が乾いていてもついつい自分のことは後回しになりがち。母乳と体重コントロールに、ぜひ水を飲むことを意識してみましょう。

 

乳幼児が1日に必要な水分摂取量は「大人」より多い!?

ストローで水を飲む赤ちゃん(1歳児)
source:https://pixta.jp/

子どもは大人よりも水分摂取必要量が多いのはご存知ですか。なぜなら、子どもの体は水分含有量が大人よりも多いからです。前述したとおり、大人は体重の60%が水分ですが、新生児は80%、乳児は70%が水なのです。まさに、人間は水でできている、というわけです。

1日に必要な水分量は、体重10kgまでの赤ちゃんでは体重1kgあたり100mlで、母乳や粉ミルクもこれに含まれます。赤ちゃんは尿の濃度を調整する機能もまだ未熟なので、飲ませ過ぎは“水中毒”の危険があります。粉ミルクは製品の規定通りの濃さに調乳しましょう。赤ちゃんは母乳やミルクを十分に与え、水分のとりすぎで離乳食の妨げにならないよう、注意しましょう。